田舎暮らしのスィンカ

晴れの日は自然と戯れ雨の日は堂々と引きこもり

(男の)経済力が無いから結婚できないというのは嘘

少なくとも田舎では、男の経済力とは本人の努力でどうこうできるものじゃない。

経済力は確かに重要だが、それは本人だけではなく、親の経済力も関係する。教育費をかけられたとかそういう話ではない。

 

イケメンは嫁の実家に住む

これは田舎ではよくあるパターン。近所のお姉さんが結婚したと思ったら、旦那とそこに住み始めた。田舎の家は広いからそれでも十分にやっていけるのだろう。

マイホームを建てるような、それどころか安アパートを借りるような経済力はなかったのだろう。でもイケメンだから許される。イケメン無罪。

まあ、親の介護問題とかあるんだろうけど。

 

イケメンは遠い親戚の家を紹介してもらう

隣のじいさんが死んだ。広めの庭の立派な一軒家。キャッチボールしていてボールを投げ入れてしまってよく怒られていた。声がでかくてマジで怖かった。

そんな怖いじいさんも年には勝てなかったらしい。

そして、一度も顔なんて見たこと無い人たちが住み始めた。遠い親戚らしい。お父さんはイケメンで、でかいバイクで通勤している。家庭用の車は軽自動車。

イケメンはマイホームが降ってくる。

日頃の人当たりの良さとかもあるのかもしれないが、少なくとも高校卒業までの18年間、彼の顔なんて一度もみたことなかった。イケメンだから紹介されたのだろう(これはひがみくさいか……)。

マンションや家を買う・借りる必要なんてない、そうイケメンならね。

 

ちょっと経済力があるイケメン?

山の上の方に住んでいる農家。山一つがその一族の土地というのは珍しくない。先祖代々の土地とかいってるけど、墾田永年私財法のときから受け継いでいるレベルの古さだ。

んで、その土地に子供が嫁連れて戻ってきて、田畑の一部を崩してマイホームを建てる。農家はマジで都会で嫁見つけて帰ってくるパターンが多い。しかもなぜか美人が多い。

そしてさらに、同じ要領で孫がまた田畑を崩してマイホームにする。畑が減る。安っぽい家なので景観が壊れる。

里山の自然を一番壊しているのは地元の農家だという皮肉。

家を建てる経済力があるだけマシかもしれないが、静かな土地に家が持てるって幸せだと思う。地方都市郊外でも2000万はするレベルの土地がタダである。庭付き一戸建て。

さすがに家を建てるお金まで親に出してもらっていることはないと思うが。

そして美人の嫁が来るだけあって、なぜか代々顔が良い。農家はイケメンが多い。少なくともうちの近所は。

 

委員長タイプの女の子が農家の息子と結婚した

きれいで優秀な女の子だった。だけど社会人になって仕事に恵まれず、いろんなところでパートしていたらしい。田舎には優秀な人間を使ってくれる仕事がない。人がいない。

そして農家の息子と結婚した。その農家の息子は学校全体でも有名なアホだった。もちろん、卒業して改心して勉強しまくった可能性もあるが。アホでも委員長タイプの女の子(もう”子”ではないが)とくっつけるのが田舎だ。努力とかそういうのより土地、もとい親の経済力である。

その農家の息子は馬鹿だったが、イケメンだった。そして親が資産家(田舎では)。結婚するには十分である。いくら不勉強で不良だったとしても、顔と親の経済力が田舎では全てである。

 

顔と親の経済力が有利なのは都会でも一緒か

しかし都会では勉強は報われる傾向にある。

研究の内容と就職先のマッチングがしやすいという点である。

都会と地方では、自分の研究内容にあった企業を見つける難易度が違う。

なんといっても就活の移動宿泊費が桁違いである。家賃が高い? バイト代も高いだろ! こちとら時給500円で死ぬほど働かされてたんだよ! ていうか最低家賃はあまり変わらないぞ!

僕はマッチングしている途中で就職活動資金が底をつきて終わった。

その愚痴も書きたいところだが、また別の機会にしよう。

そもそもクソ田舎では、勉強していたら馬鹿にされる。かろうじてあるフランチャイズのカフェで勉強していても、超変人扱いである。自発的に勉強する人=変人である。

パソコンなど開こうものなら、怪しいハッカーに認定されかねない。ハッカーという称号はうれしいが。たぶんクラッカーとの違いがわかってない。

勉強は誰もいないところで隠れてしなければならない。

そして結局、勉強して行き着く先は公務員である。そしてそこでは研究など全く関係ない仕事を覚え、自分をだましながら生きるしかない。情けない話だ。

勉強して努力しても、都会の人間ほどには、報われないのが田舎である。*1

必死に勉強をする意味がないのである。その思考が村中に蔓延している。実際に立派と言われる周りの大人(医者以外)も、勉強していないのが普通である。

そして結局、勝つのは顔と親の経済力である。本人の経済力は全く関係ない。

貧乏でもイケメンなら「努力して将来稼ぐから!」と根拠ない自信を声高に叫べば、若い頃何をやっていようが女は「素敵! 抱いて!」とついてくる。親が経済力あるならほぼ確実である。

俺が同じことを言っても「市ねメンヘラニート」と句読点も打ってくれないだろう。

そもそも異性と話したのが何年前だったろうか。と考えていたら、そもそも同世代の同性とも長いこと話してない。そろそろ嫁を見つけて帰ってくるのだろうか。

 

イケメンなら、嫁の実家や遠い親戚の家を間借りして結婚生活を送るのが普通。経済力なんていらなかった。

そう、少子化の原因は経済力不足ではない。不細工が増えたからだ!(混乱)

*1:それでも勉強するしか打開策がないからやっているけど。

人のいない山道:「夏の写真2013」 CP

このエントリは「夏の写真2013」キャンペーンの応募もかねています。

 

夏休みといって特別な予定はない。海なんぞ行けるわけもなく、今年は冷房のきいた部屋でゲームでもしようと思っていた。

しかし、今年は猛暑。20年もののエアコンが悲鳴を上げている。

少しかわいそうになってきたので、エアコンを休ませるために外出することにした。

ということで近所の超ど田舎道を歩いてきた。

田舎出身なのに、田舎の写真が好きだ。なんだろう。ジブリの影響だろうか。ジブリの洗脳力恐るべし。

坂道の先に白い雲と青空という風景とか大好物だ。

f:id:ruisou:20130829174853j:plain

このときすでに38度を超えていたらしい。写真がぼやけた感じになっているのは暑さのせい。

結構、山の上まで登った。このあたりは地元とはいえ初めて来る場所だ。目の前が開ける。

f:id:ruisou:20130829174855j:plain

手前はとうもろこし畑だと思う。収穫の時期にこの辺りをうろつくときっと畑泥棒と間違われる。

このときすでに意識朦朧としている。

山を下っていると曲がり角に古めかしいものがある。これが一番良く取れた写真。空の青が良く出ている。

f:id:ruisou:20130829174858j:plain

この奥の森にひっそりと何かが祭ってあったが、それを示すためのものだと思われる。神社のような慰霊碑のようなものがあったけど、それらは特定を避けるため割愛。

最後に道に迷いながらも取った写真。この風景を横目に蝉時雨の中、歩いていった。

f:id:ruisou:20130829174859j:plain

手前は田んぼ。立派な稲穂をつけてください。

緑が美しかった。そして直射日光のあたるところには虫すらいなかった。虫ですら避けるような日差し。本当に暑かった。こんな日に当てもなく散歩する人間は大ばか者である。

 

思いのほか、夏が早めに過ぎ去ってしまうようなので、今年の夏の思い出はこれだけとなる。

寂しくなんぞない。

花火と男のロマン

花火大会にいってきた。

田舎でも若い人が集まっていた。ふだんどこにいるんだってくらい。

花火はでかい音が苦手だから敬遠していたが、案外そうでもなかった。

昔は花火とは男のロマンで、イメージとしては

ワンカップの日本酒をあおりながら疲れたおっさんが見上げるもの

だった。

はしゃぐ子供や男女の群れを遠くから眺めながら、おっさんが寂しく夜の空の大輪を目の端に感じる。

それでいいじゃないか。

別にカップルで見なくてはならないという法則はない。

最近の若い奴らは花火を口実にいちゃいちゃしやがって……。そのままホテルで別の花火を咲かせるんですかー?

花火の仕組みはよくわからない。断面図を見せてもらったことはあるけど、あんなにきれいに咲くのはやはり不思議だ。当時説明された俺は小学生だったからわからなかったけど、今調べればわかるかもしれない。

それにしても戦争の道具だった火薬をあんなにきれいにして人々を喜ばせるなんてすばらしい。

最初に花火を作った人は誇らしかっただろう。

しかも作品は一瞬。一番寿命が短い芸術作品なのではないだろうか。

あれは紛れもなく男のロマンだ。

いや、漢のロマンだ。

 

ちなみに一人で見に来ているおっさんは結構いた。俺も次はワンカップの日本酒を片手に見るとしよう。

散歩と猫とその思考

最近、夕方に30分の散歩をやっている。

無理なく続けられるように、との想いで30分だ。

 

そして最近は30分ではすまなくなっている。道の途中にかわいい猫がいるからだ。いつも同じ場所で夕涼みをしている。

小さい猫だが左右の目の色が違うオッドアイである。かわいいというより神秘的である。

最近はやっと僕のことを覚えてくれたような気がする。僕の顔を見ると「にゃー」と鳴き声をあげてくれる。えさをねだっているのかもしれないが、ほかの人にはあまり鳴いていない。

 

昔から猫には好かれていた。僕自身も猫が好きだった。

猫は人を見た目で判断しないから好きだ。動物はみなそうだけど、身近なのは猫なので特にそう感じるだけかもしれない。

そもそも見た目で判断するのは人間だけである。もちろん一部の鳥などは見た目でメスをさそったりしているが、それは繁殖期だけである。

人間はいつでも繁殖期なのか、いつでも着飾っている。

猫にとっては不思議でならないだろう。僕にとっても不思議だ。

しかし僕にはきれいな人とそうでない人がわかる。魅力を感じるかどうかは別として。猫にはわからない。

猫からみると、人間の顔の違いや髪型、服装などまったく気にならないものだろう。それを気にしすぎている人間は非常に滑稽である。

鼻があと3ミリ高いとよかった、目がパッチリしているとよかった、など顔に対する不満はみんなあると思うが、猫にとっては非常にどうでもいい。というかその違いがよくわからないだろう。

そんなことで悩んでいる人は猫と触れ合ってはどうだろう。

僕は人に好かれることはあまりないが、猫にはよく好かれる。僕のことを好いてくれる人はいなかったが、好いてくれる猫はいる。寂しいけど、まあ、それでいいのかもしれない。そういう人生もあるだろう。

 

しかし、次こそは猫を撫でてみたいものだ。実はそばに座っているだけでまだ撫でることはできていない。

 

今日はみどりの日らしいが2013年5月4日という数字がおもしろい

5月4日がいつのまに「みどりの日」になったのか忘れたが、以前は「国民の祝日」といっていた。

代わりに元「みどりの日」が「昭和の日」になっている。

それはいいけど、それなら明治とか大正とかもつくってほしい。どうでもいいか。

 

みどりにちなんで環境問題の話でもしようかと思ったが、今日の年月日の数字が面白いのでそれについて。

2013.5.4は並び替えると0から5まで順に並べることができる。

それだけなんだけど、カレンダーをみていてそれに気がついてちょっと「おおー」となった。こういう感動が人類を進化させたのかもしれない。たぶん違う。

 

ちなみに次にこういうのが起こるのは2014年3月5日かな。これは数字が今回と同じなので、あまり面白みが無い。そしてさらに考えると、2034年5月16日か。これなら0から6までそろう。意外と遠い。間違ってたらごめん。

そのとき自分が生きていたら、カレンダーをみて気がつくのだろうか。

どうでもいいことにはよく気がつくので、たぶん気がつくだろう。

 

孤独を求めて釣りにいってきた

渓流、春の日差し、軽やかな風。

そして誰もいない、何も干渉しない空間。

聞こえるのは水の音だけ。

と思ったら、めっちゃ虫がいた。

当たり前だが、虫がいた。蝶々とか蝿くらいなら許せるが、蚊とか蜂がいた。落ち着かねーーーー。

蜂はクマバチでマジででかい。成人男性の耳くらいはあった。こわすぎ。

移動スピードも早いし、UFOみたいに変則的に飛ぶし。あいつら人類を滅ぼすの簡単なんじゃね?

 

人はいなかったが、虫はいた。まあでも人よりマシか……。

おとなしくしてれば襲ってこないし、そこまで危険は無いはず。とまあ、びくびくしながら釣ってきましたよ。これも自然を満喫したと言えるのだろうか。

 

それにしても、ど田舎すぎて自然が残りすぎて怖い。本当に自然破壊なんて存在するのだろうか。

そうそう、魚に気配を悟られないように、身をかがめて釣っていたら、目の前の対岸をイタチがひょこひょこと走っていってた。確かに山の上のほうだったけど、イタチがいるのかよ!

こっちに気が付いてダッシュで逃げていってたけど。

魚を釣ったらおすそ分けしようか。そして将来美少女になってお礼に……。

こういう下心があると蜂に刺されたり滑って川に落ちたりするのだ。

 

あとは水辺だけあって、生き物がたくさんいた。トンボとチョウチョウがこの時期は綺麗かな。もうすぐしたらホタルか。蜘蛛とか苦手だったけど、動きも遅いしかわいらしく見えてきた。さすがに顔につくとびっくりするけど、手につくくらいなら動揺しなくなった。

一匹だけだったけどアマガエルもいた。餌となる虫がたくさんいるから今後さらに増えるだろう。あいつら可愛いな。御坂美琴がはまるのもわかる。

でも背中に毒があるらしいから触った後はよく手を洗った。川で洗えるから便利。海釣りだとこれができない。

f:id:ruisou:20130430113348j:plain

 

肝心の釣りは成果なしだったが、自然と戯れることができたのでよしとしよう。

今後もいく予定だけど、危険な獣とか出ないよね……?

最近感じた格差

なんていうか田舎もののくせにゲームとか好きなんだよね。

ネットも大好き。

でもテレビはあまりみない。受験で我慢してたらそれ以降特に見なくなった。ドキュメンタリーみたいなのはよく見るけど。

 

んで、ネットでいろいろ回っているから雑学はあるほうだと思っていた。そして時間つぶしのゲームを探していたら、クイズでRPGを謳うゲームを見つけた。よくあるスマホのアプリゲームである。宣伝になってしまうからリンクなどは貼らない。

 

グラフィックも綺麗だから暇つぶしにいいかな、と思って始めたんだけど……、三日で飽きた。飽きたというより格差を感じてやりたくなくなった。

 

全体的にテレビからしか得られない知識が多いし、それも結構古いガンダムの知識とか聞いてくる。俺はアニメ好きだけどガンダムは見ていない。だって俺の地域、ガンダムが放送されてなんだもん。

でもまあその辺はレンタルなどでいくらでも見れたから俺の怠慢ではある。格差というには大げさだ。

しかし次の問題は悲しくなった。

「JRの学割運賃はいくら割引される?」

という問題。

そんなの知らねーよ!

田舎過ぎてJRが走ってなかったんだよ!

他のユーザーとも対決しているので誰が先に答えているかわかるのだが、俺は最後だった上に一人だけ間違った。死にたくなった。

こういう問題が立て続けにきて、結局ダントツの最下位で終わった。

スマホをソファに投げつけてゲームをやめた。

オンラインのゲームは都会の人間のものだと思った。MMOとかもやってたけど、ちょっと仲良くなると東京大阪名古屋の話題だし。観光で数回訪れたことある程度だからほとんど話題に混じれないし。

 

オンラインゲームなんぞをやろうとした俺が愚かだった。おとなしく読書をしておきます、はい。